コエンザイムQ10は年齢とともに減少する

コエンザイムQ10は若さを保ちたい方、最大限のパフォーマンスを出したいアスリートの方に注目されている健康食品です。

 

私たちは食べ物から産生したエネルギーをもとに、筋肉を動かしたり、物事を脳で考えたりしています。

 

コエンザイムQ10は、食べ物からエネルギーを産生する際に関与する栄養素ですが、なんと、20歳を過ぎたころをピークに減少し始め、年齢とともに減少してしまうのです。

 

 

コエンザイムQ10が減少すると、食べた物をエネルギーに変換する量が減ります。

そのため、エネルギーを上手に生成できず、臓器などの働きが衰えやすくなり、また基礎代謝も減少します。

 

「年齢を重ねると、代謝が落ち、太りやすくなる」というのは、コエンザイムQ10の減少が関係していると考えられています。

 

 

加齢によるコエンザイムQ10の減少は止めることができません。

 

しかし、補うことでエネルギーの産生が減っていくのを、緩やかにすることができ、また、太りにくい体を維持することができると言われています。

 

 

 

健康情報一覧に戻る