二人目不妊に漢方薬が効く!

 

37歳女性の方が、2人目不妊のご相談でいらっしゃいました。

 

1人目の時も不妊治療が大変苦労したそうで、34歳の時にやっとの思いで体外受精で授かりました。

そろそろ2人目が欲しいと思い病院へ行きましたが、検査で卵胞が丸くなくしわしわで、医師からも今回は不妊治療をやっても駄目だろうと言われたそうです。

 

その方は立ち仕事で夏場はエアコンなどで体が冷えやすく、育児も忙しくて自分のことは後回しでした。

顕微鏡で手の血管を見せていただくと、血管の本数が少なく、血の量が少ない血虚であることが分かりました。

これでは体は妊娠する準備が出来ません。

 

お客様には、妊娠しやすい身体つくりについてお話しし、血を増やして体を温める漢方薬を取り入れてもらいました。

さらに、体を温めるために、体を冷やす食べ物は避け、温めるものを意識してとっていただきました。また、夜は10時までに寝て、血が作られやすい生活を心がけてもらいました。

 

1カ月半経ち改めて病院に検査に行ったこところ、卵胞が正常に丸くなっていて医師も驚いたとのこと。そして、その月に待望の妊娠をすることができました!

お客様の喜ばれる姿を見ると、こちらも嬉しく思います。

 

なお、この方が服用した漢方薬は、1日2回 1回90円でした。この金額で妊娠しやすい身体が整うのであれば、お安いのではないでしょうか?

 

人間は、足りないものは補い、溜まっているものは排出して、気・血・水を巡らせば、自然と体のリズムが整います。女性の諸症状(生理痛、PMS、不妊、更年期障害など)は漢方薬の得意分野。

 

ことぶきや薬局には、女性の健康に精通した「女性の健康アドバイザー」の資格を持つスタッフがおり、女性の健康をお手伝いしております。

気になる症状がある方は、お気軽にご相談下さい。

大磯町、二宮町、中井町、平塚市、茅ヶ崎市、小田原市、湘南地区の方、お待ちしております。

駐車場5台あります。

ゆっくりご相談したい方は、事前予約をお願いいたします(予約はこちらから)。

 

【関連記事】

血管の形や流れを観察できる(血管美人)

多くの女性が血が足りない

キレイな血液、しなやかな血管を保つのが健康のカギ

 

健康情報一覧に戻る