「キーン」「ジージー」原因によって耳鳴りの音が違う

「ジージー」というセミの鳴き声のような低音域の音。

「キーン」と金属がぶつかり合ったような高音域の音。

「ゴーンゴーン」「ドクドク」という音。

 

このような耳鳴り、体験したことはありませんか?

 

「耳鳴り」と一括りにされますが、実は聞こえる音によって原因が違うのです。

 

 

 

しかし原因が違うのにも関わらず、病院で処方される薬は、どの耳鳴りに対しても、ほぼ同じと言って過言ではありません。

 

そして、次のような声をお客様から聞きます。

 

・病院に行っているが耳鳴りが良くならないんだよ…

・医師から耳鳴りはもう良くならない。一生付き合っていくと思った方がいい。と言われたの…

 

 

しかし本当は、原因に合わせた治療を行うことで、耳鳴りを軽減することが可能なのです。

 

 

 

ことぶきや薬局では、お客様の症状を詳しく聞かせて頂き、耳鳴りの症状に合わせて、効果的な治療法をご提案いたします。

 

 

では、耳鳴りの種類を見ていきましょう。

耳鳴りの種類

1.「ジージー」というセミの鳴き声のような低音域の耳鳴り。

 

 

これは、加齢による老化現象かもしれません。

このような耳鳴りには、慢性化した耳鳴りや、耳が聞こえにくいなどの症状を伴うことがあります。
また、耳の症状の他に、腰がだるい、腰痛、めまいなどの症状を伴うこともあります。

 

 

2.「キーン」という金属がぶつかり合ったような高音域の耳鳴り。

 

 

これは、ストレスが原因かもしれません。

同じ時間帯に起こりやすい、耳が塞がったような感じがする、ある日突然症状が現れた、ストレスで増悪するなどの症状があると、ストレスが原因の可能性がさらに高くなります。
このような耳鳴りは、頭痛やめまいなどの症状を伴うこともあります。

 

 

3.「ゴーンゴーン」「ドクドク」という血が流れるような耳鳴り。

 

 

これは、耳の付近や耳管などで実際に何らかの音がしていることが原因かもしれません。

この音は耳の周りの筋肉の痙攣音、血管内の血流音による雑音である可能性が高く、血流が悪い方や高血圧や糖尿病に方に多くみられる耳鳴りです。聴診器で他の人も聞き取ることができます。

 

 

健康情報一覧に戻る